トピックス No.2

〜明神岳南面の下部の氷柱〜

 今シーズンの冬期登攀は閉幕しました.今年も天気や雪の状態が悪い日が多く,
あまり登れませんでしたが,下記の氷柱を登れたのは成果でした.
 2月20日に日帰りで登ったレポートです.
                                        2005年4月2日

                                    2月19日 
  15時ごろ自宅を出発.松本は雪で,チェーンを着けて沢渡へ.車中で仮眠.深夜には雪から雨になる.
2月20日
  5時ごろより林道を歩き始める.除雪された林道を快調に飛ばし,上高地には7時30ごろ着.
これが目標の氷柱の全景.


9時30分より取り付き.F1は雪で埋まっていた.F2はウォーミングアップに最適.
F2を登りきったあたりから見たF3は下記の通りで2本の氷柱に分かれている.

F3の下部.2本の氷柱の真ん中あたりに水平の大きな亀裂があり,
嫌な気になるが,登ってみると全く問題なかった.
左の氷柱を登ることにする.

ここが実際に登ったところ.表面の氷はもろいが,表面から20cmほど
氷を落とす比較的安定した氷が出てくる.
内部の氷を出すのに結構苦労する.

F3の上部をフォローしているところ


F3の懸垂下降.F3は正味50mのスケールであった.


トピックス一覧に戻る